サバゲーしよう~。 の、前に!とりあえず作ってみよう!加工しよう!
2017/10/20(金)01:59
sig552 sig551 sig550 sig556 カスタム かっこいい カッコイイ 08

もはや原型ないなぁ~


んで、こちらが純正のSIG552です



sig550 sig551 sig552 sig556 custom カスタム バースト 修理 改造 初速アップ 東京マルイ marui laylax 次世代 hk416 45

「SIG552」は スイスのSIG(シグ)社 で開発された特殊部隊向け 高性能アサルトライフルです

東京マルイは「SIG552 SEALs」と名づけておりますが、SEALsとは、そう、アメリカ海軍特殊部隊のSEALsを指しています

確かに10年前は使っていたんでしょうが最近はCOLTやH&Kのライフルが主流でしょうね


余談になりますが
SIG社は現在銃器を作っておりません

2000年 SIG社は事業のスリム化のため主力の包装機器部門だけを残し、武器製造部門を売却しました
武器製造部門は投資家が新たに設立したスイスアームズ・ノイハウゼン社が買い取り「SWISS ARMS」に引き継がれています
そのため「SIG」ブランドは消滅しました
「SIG SAUER」ブランドはアメリカ合衆国での拡販事業を行っていた会社が継承し
SIG Sauer Inc.の社名でいまも健在です

SIG552などの製造が引き継がれたSWISS ARMS社ではレシーバーの設計が若干変わり「SGシリーズ」として販売されています
現在でも世界中で活躍しています



ちなみに、私が初めて手にした電動ガンはSIG552です

知り合いから譲ってもらった中古品でしたが約半年ほどお世話になりました

小型軽量
強い首周り(MP5比較)
アンビセレクター
屈曲ストック
連結可能なクリアボディのマガジン
EG1000のハイレスポンスな連射

転ぶとストックが折るという難点はありますが、それ以外は優秀な性能です
当時は多くのトイガンファンを魅了したことでしょう

東京マルイの後を追うように
J.G.WORKS(SIG552 SIG5551 フルメタル ブローバック)(スポーツライン)
ICS(SG550 SG551 SG552 フルメタル )
G&G(SG550 SG552 SG553 フルメタル)
KING ARMS(SIG556シリーズ フルメタル)
が東京マルイをコピーして販売
各部のギミックなどリアルな再現性でICSかG&Gがオススメですね


そんなSIGシリーズ

残念ながら 現在では「古いモデル」に分類されます


M4A1がピカニティレイルシステムを導入したことでトイガンファンの流れが一気に変わりました
軍用から民間に至るまで様々なM4用パーツメーカーが台頭し、あらゆるレプリカパーツが市場に溢れました

銃刀法規制もあり、世のカスタムは「出力」よりも「外装」へと大きく移行します
M4のもつ高い拡張性は、カスタマーの受け皿になったのかもしれません


M4に比べ、SIG552のアフターパーツの少なさは絶望的です

Laylax →レイルハンドガード
J.G.WORKS →レイルハンドガード(Laylaxの半額)
Laylax →EBRストック
ハリケーン →メタルフレーム

これしかないのです


↓以前、カスタムガンコンテストでエントリーしたSIG552

P1010392.jpg

→ こちらで詳しく載せてます

外装はカスタムパーツで総とっかえしダークアース塗装で個性的に仕上げています
市販のパーツではこれ以上の外装変更はやりようがありません

トイガンパーツメーカーもさじを投げたSIGシリーズ

ただ、邪道な方向に進めば新たな道は開けます


要するに
他の機種のパーツを加工し無理矢理付けてやる訳です
まさに裏ジャッカス ブログの仕事です


バレル長の長い「SIG551レイルハンドガード」と「M4ストック」をまずは付けてみようと

sig552 sig551 sig550 sig556 カスタム かっこいい カッコイイ 01


で、結果をみると

「89式 カスタム」みたいになるなぁ~なんて思いました笑



89式カスタムで検索してみてください

(´∀`σ)σ マジでそっくりです


約10年前、SIGはアメリカ市場を狙いM4ストックを付けたSIG556をシリーズ化しました
ところがどっこい実銃マニアからは
「M4ストック?M4マガジン?ありえねー o(o・`з・´o)ノ 」 と批判的な声も笑

銃器メーカーだってビジネスなんだから仕方ないでしょ
アメリカ市場に参入するならばそのお国柄に合った仕様にするもの
銃器だろうと何だろうと企業は成長することが大前提
ベーシックな既存スタイルから脱却するのも全然アリだと思いますけどね

最近実銃オプションパーツで伸縮式ストックが出ましたね
これ欲しいなぁ~
Sig556 Classic stock sig552 カスタム



さて、コンパクトで使い易い「SIG552」

電動ガン SIGシリーズの全長を見てみましょう

SIG552 730mm

SIG551 833mm

SIG550 998mm


SIG551のバレルサイズはM4と同等です
アサルトライフルとして見た目のバランスが良く、好きな長さです
(使い勝手が良い、とは言いません)


BLOGをご覧の皆様は「んじゃSIG551でやれや!」とお思いになるでしょう

SIG551のグレーっぽいボディが嫌なんです…

あとバースト回路もいらない
リポでの運用が基本の昨今、ただでさえトラブルの多いマルイのバースト回路はリクスでしかありません
バースト組むならサードパーティの回路で十分です

SIG552が余ってるのも理由かな笑


今回のカスタムは激安ジャンクで入手したSIG551のレイルハンドガードをSIG552に強引に取り付けます

ポン付けは出来ませんでしたね
加工、微調整を伴いました


画像が多いので 数回に分けて手順を掲載していきます♪

2010/09/02(木)06:57
無事エントリー完了して良かった(;;)
YASさん、大変ありがとうございました。

今回エントリーしたSIG。
いつものケイタイカメラ画像に戻って (写真の色 薄ぅぅぅ)少し掘り下げて解説します。



その前に~。

私が思いっきりカスタムを楽しむときって「実在する銃をモデルに、似せることが少ない」ため、見た人の印象は、結構「賛否両論」ですよね。
実銃派、コレクター派の人からすると 実在しない = 玩具 のくくりになります。

私は
「あの銃に、あの銃のパーツがくっ付いたらどうなるかな」とか
「あれを切って、穴を空けて、曲げて叩いて引っぱったらカッコイイかも」とか
もちろんゲームで培った使い勝手もカスタムするには大切な要素。
とにかく空想好き、作るの大好き人間。 完全なトイガン(玩具)野郎ですね。

空想といえば「Laylax」の独創的なタクティカルカスタムパーツはよ~く売れてるわけで。
ゴテゴテしたP90なんかはLaylaxがカタチを造り上げたようなもんです。
世間は空想だろうとカッコ良く、魅力的に仕上がってたらOKなんだろうね。


もう少し余談を・・・(^^;)

今年はM4・M16部門にマグプル系カスタムが乱発するような気がしてました。
スタイリッシュで使い勝手の良いものが多いだけに。 私も好きです。
中華メーカーがレプリカを格安で売るもんだから急に浸透しました。 だからホント流行ってます。
流行っちゃうと似たようなカスタムが増殖します・・・。

せっかくのコンテストですから「個性」を出したいので、今年はあえてマグプル系パーツを使いませんでした。
でも、マグプルは好きなんですよ(^^;)

あと、前回1位をいただいた未来系ズームモニタみたいな「電子系カスタム」も大好きですが、余りにも忙しくて製作する時間がありませんでした。 水面下で未来系機器を開発中なので次回(?)にでも出したいと思います。


マイナーな銃にもカスタムの可能性を秘めた物もありますし、ちょっと手を加えるだけで結構スタイリッシュになります。
そんなこんなでSIGを選びました。2挺目の『UMP』も 同じく。

P1010391.jpg

やっと本題

SIG552は個人的に好きです。 軽いし、集団性もソコソコ良いし、ストックが畳めるし。
しかし! いかんせんカスタムパーツが少な~い!

外装は王道中の王道。いや王道オブ王道。RASとメタルフレで固めてます。
ストックはEBR。
これ以上手を加えるとSIGだか何だか分からなくなりそう。

カスタムコンセプトは、
一見すると何だコレ? よく見れば・・・あ~、SIG552か
ほほ~、なかなか良いじゃないの。 いや最近ね、M4やAKにも飽きたんだ。
SIGにこのくらいのカラーパーツあってもいいよなぁ~。 です。

曲げたり引っ張ったりのカスタムはありませんが、SIGパーツの持ち味を最大限活かしてみたかったので塗装という手段を選びました。
経験上、塗り過ぎは「飽き」に繋がるので、そこも注意してみました。

 
BLOGの掲載画像は少しだけ仕様を変えてます。
ハイダーはSCARタイプ。フォアグリップはタンゴダウンのショート。この感じでも結構イケてんだけどな~。

P1010393.jpg

そういえば塗装に触れてませんでしたね。
塗装しましたが、それなりに悩んだ結果なんですよ。 一応。
皆さんなら、何色を、どこに、どう塗りますか?

SIGのカラーパーツといえば550か551の純正ODカラーのみ。

SIGに似合う色として私の脳が勝手に導き出した答えは「DE(ダークアース)」
ゲームをバンバン行う我々としても、このカラーは迷彩効果高いです。
アフターパーツっぽくパーツ毎に塗装しました。

あ、ハイパー道楽に記載されている私の文章!
「迷彩」が「明細」になってる(;゚Д゚;) 変換ミスか・・・ 情けない・・・。

P1010394.jpg

中華レプリカではなく、あえてマルイのダットサイトです。
軽いし、視界を妨げないスリムなフォルム。
マウントリングはセンターにミゾがあるので純正サイトの視界も確保。

ナイト戦ではマーカーとしてサイリウムを使用するため、ダットの赤点を超弱に調整することで敵のサイリウムに照準を合わせることができます。
中華のグリーン、レッド2色ダットは、点が眩しすぎてナイト戦ではダメです。


P1010396.jpg

マルイ純正(上)と比較。
EBRストックはあと2段短くなります。

外装フルメタで若干重いですが、フロントヘヴィーではなくバランスもいい感じ。
全長が短く、取り回しが非常にラクですね。
メカボがVer.3だからギア鳴りが少ないのもまた良し。

そういえば、G&Gで最近フルメタSIG552が販売されてますが、中華陣営はSIG系を盛り上げる気でいるんだろうか・・・(??)


ウチのこんなSIG552ですが、皆さんどうぞ宜しくお願いしますっ★
にほんブログ村 その他趣味ブログ ミリタリーへ こちらから「ブログ トップ」へ
2010/09/01(水)00:37
ハイパー道楽のカスタムガンコンテスト2010にエントリーしてみました。

でも、現時点では本当にアップロードされるか心配なんです。
じつは画像の圧縮が上手くいかなくて・・・。
送信条件の「200KB以下へ圧縮」がフリーソフト使っても30KBくらいしか軽くならず・・・。

ハイパー道楽さん なんとかお願いします(_ _;)

さて、このSIG いろいろと自家塗装してます。結構大変でした。
だってカスタムパーツがあんま売ってないんですもん・・・。



カラーはマグプルで使われるDE色をイメージ。

レイルカバーとフォアグリップは未塗装ですが、この色調に合わせるべく、調合に調合を繰り返し、やっとのことで艶消しDEカラーが再現できました~(+ +)

正直、LaylaxのEBRストックは邪道かな?っと悩みました・・・。
ここはSIGらしさを追求し純正の樹脂製折りたたみストックかな・・・と。

でもせっかくの希少なSIGカスタムパーツですからね。
おもいきって(><)使っちゃいました。

sig5520021.jpg

レイルカバーは中途半端な長さの物しか市販されていないので一山分?をカットして長さ調節してます。

EBRストックは全塗装せず、色の強弱を付けた方がスタイリッシュになるので部分塗装してます。


sig5520031.jpg

この画像はボヤけて残念・・・。

このアングルだけで、あーでもない、こーでもない、と30枚は撮影しましたが、私のデジカメの性能の限界で暗いとボヤけてしまって。


最後に撮影風景

P1010357.jpg

このほかにも様々なライトを使ってみました。
プロの機材が全く無いだけに大変だった・・・。
ホント、下手くそな画像しか作れず情けない(;;)

水槽用のアクアリウムライトを使ってみたり
建物の通路にある電球を外して付けてみたり
会社内にあるありとあらゆるライトを集めて6機がけしてみたり

でも・・・ま・・・

期限に間に合って良かった・・・。
にほんブログ村 その他趣味ブログ ミリタリーへ こちらから「ブログ トップ」へ
2009/12/14(月)15:37
壊れて帰ってきた SIG552 加工!

その昔、当メンバーに譲ったSIG552。

樹脂フレームにしてはフロント剛性があり、性能も申し分ない。
作動も良好。
コンパクト。
軽量で取り回しも良くゲームに最適。

・・・しかし何故だろう。 心が満たされない。


そう、それは「カスタムしたい病」という深い難病に侵された我が肉体を、
SIG552では治癒することが困難だったのだ。

確かに当時、カスタムパーツに関する知識不足もさることながら
現在の様に ためらう事なくドリルやグラインダーをパーツにグリグリ当てることが無かった。

だから私は所有4ヶ月にして手放すことを決意した。


思い起こせば あれから6ヶ月・・・(みじかっ!)

新しい持ち主がダッシュ&クラッシュという形で見事に破損。

転倒時にストックへ体重が掛かってしまいフレーム側がバックリ。

割れによりフレームが上下にパクパク開くため、メカボがチラリと見え隠れする。

そんなメカボにとって恥ずかしい一面を 元オーナーの私は見ていられない。

そして、2日前、安く買い戻したのだった。(他にも理由はあるけどね)


手元に戻ったその日のこと。

先ずは割れを修理。

現代科学の恩恵にあやかろうと東亜合成株式会社の「アロンアルファ」を使う。

分解して接着。


そして左手にSIG552。

右手にドリル。

さっそくストック変更♪



VLTOR MODストックをチョイス。

ほ~、なかなかイイじゃないか。

ちくしょう。 

金無いのに フロントにRASキット組みたくなるでしょ(><;)
0140200sig552.jpg
組まないけど。 いや組めないから。

※これまたアホな「コメント」蓄積してしまった。
 技術ネタ期待してた人、ガッカリさせてごめんちゃい。
 ちなみに明日の正午に昨日のゲーム記録を公開しま~す(^^)/~~~
 
にほんブログ村 その他趣味ブログ ミリタリーへ
にほんブログ村
検索フォーム

プロフィール

ジョームサン

Author:ジョームサン
 ぐるぐるぐる~ん♪
クリックで簡単な自己紹介に飛びます
自己紹介、最近変えました
うらじゃっかすジョーム

装備はウッドランド

カテゴリ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
リンク
何でもコメント欄

名前:
メール:
件名:
本文:

こちらは非公開です。個人的な事でもBLOGの事でも何でもどうぞ(^^)

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

RSSリンクの表示
QRコード

QR