サバゲーしよう~。 の、前に!とりあえず作ってみよう!加工しよう!
2010/02/16(火)00:26
マルゼン TYPE96 左
大陸   中華APS  右


仕事がスーパー忙しくブログ更新に手がかけられず・・・。


さて、写真写りが極端に悪いものの、2本を比較するとこんな感じです。



いかにも「最新」的なイメージを醸しだす中華APS。
しかし、造りは雑! 雑!雑!雑!
ただの玩具ですよこんな物・・・。
期待して買った人の多くはさぞかしガッカリしたでしょうね。

プラ感をふんだんに醸しだすフレームは合わせ面にスキマも。
いやぁ、バカにしてますね。
ある意味中華の期待を裏切らない品です。


まあしかし、ボルトアクションの精度を司るのはレシーバー周りです。
ここはひとつ国産のレシーバーを乗せてですね、目立ち度重視で中華を「使える銃」にしちゃおうじゃありませんか。

とりあえずグリップ。
aP1000574.jpg

中華はいっちょまえにチークピースは上下可動式。
六角ボルト1本で固定してあり、緩めてスコスコと稼働させ、任意の位置で締め付けて固定。 至ってシンプルな構造です。
言い方変えればふざけてます。

グリップは太すぎ・・・。
私は手が大きい方ですが、それでも持ちなれないビッグサイズに違和感を感じます。

そしてレシーバーを外す。
構造はマルゼンとほぼ同じ。ただ、中華のレシーバーをマルゼンのフレームに乗せるには若干の加工が必要です。

aP1000542.jpg

材質も異なり、重厚感が全く違います。
中華は「私はプラスチック!」って感じ。


内部をのぞくと・・・

aP1000544.jpg

出ました「ウエイト」
これって「ウエイトを入れて日本製と同じ重さに真似しよう!」という試みでしょうか。
それとも純粋に実銃を真似たのか。
奥から悲しく光り輝いています・・・。

マルゼンは内部にメタルフレームを内蔵し、ねじれを補強してあります。
この辺はさすがですね。


さて、中華APSが無意味に重くしてあるだけなら行動はひとつ。
分解してウエイトを除去。 ま、ゲームで使うためにもね。

全体のビスを六角レンチで外します。
TS3E0865.jpg
そしてジワジワとゆっくり均等に開いていきます。慎重に慎重に・・・。
特に接着されてないので分解可能ですよ~。


こんなん出ましたけど~・・・
TS3E0867.jpg

グリップ内部にもちゃっかりウエイト仕込んでます(^^;)


も~、このキッタナイ感じぃ~
ベタベタ触ると有害な何かが手に付着しそう・・・。
TS3E0869.jpg

っつーことで劇的に軽くなった中華APS!

今日もボルトアクションのたびに「ミシミシ」いいます( ̄  ̄;)
ただ内部は国産なので精度はバツグンですよっ☆

にほんブログ村 その他趣味ブログ ミリタリーへ こちらから「ブログ トップ」へ
検索フォーム

プロフィール

ジョームサン

Author:ジョームサン
 ぐるぐるぐる~ん♪
クリックで簡単な自己紹介に飛びます
自己紹介、最近変えました
うらじゃっかすジョーム

装備はウッドランド

カテゴリ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
リンク
何でもコメント欄

名前:
メール:
件名:
本文:

こちらは非公開です。個人的な事でもBLOGの事でも何でもどうぞ(^^)

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

RSSリンクの表示
QRコード

QR