サバゲーしよう~。 の、前に!とりあえず作ってみよう!加工しよう!
2011/03/26(土)13:30
大事な娘を手放す気分・・・ SR-25 & M249

重量級長物のSR-25とM249MINIMIをメンバーに譲りました・・・

さようなら~ (;;)/




では、最後の姿を

M249 MKⅡ からご説明

メーカー CLASSIC ARMY(クラシックアーミー)


剛性、細部に渡る造りは、A&KやSTAR、TOPと別格です
私はクラシックアーミーが一番好きです

SH3Gsr25ksr16knightscustomm249minimimk46mk48mod0mod1airsoftjapancaclassicarmytop0080.jpg

G&Pのパーツも流用しつつ、外装フルカスタム!

ハンドガード、ヒートカバー、RASキット、レイルフィードカバーなどなど

MINIMIといえばELCANのスコープですよね~♪


メカボはカセット式(?)で、上から引き抜けるのでメンテナンス性も意外と良い
TOPのカスタムメカボでお馴染みのPGCのメカボの様にゴツゴツした形状です

CAはメカボを取り出して上部のラッチを解除すると簡単にスプリングを取り出せるのでフィールドに合わせたスプリング交換が可能です

難点としてはメカボが重い・・・ ま、剛性感があっていいのかな
SH3Gsr25ksr16knightscustomm249minimimk46mk48mod0mod1airsoftjapancaclassicarmytop0083.jpg

この手のメカボはスイッチが弱いのでFET化は必須メニューですが、FETを設置する前に譲っちゃいました・・・

ゲームでの実用性を考え、専用バイポッドは外し、バイポッドフォアグリップを装着しております

SH3Gsr25ksr16knightscustomm249minimimk46mk48mod0mod1airsoftjapancaclassicarmytop0085.jpg



次にSR-25

もはや原型ありません・・・(^^;)

7.62×51mm弾仕様のため、ロングメカボ、専用大型マガジンとなります

7.62×51系の実銃ライフルは意外と多くリリースされてますが、トイガンはまだまだ少ないですね。
HKのG3シリーズではなく、もっとAR-10系(AR-15)をラインナップして欲しいっす
ARES頑張れ~

SH3Gsr25ksr16knightscustomm249minimimk46mk48mod0mod1airsoftjapancaclassicarmytop0078.jpg

STARのARMSタイプのロングSIRを装着
これだけで外見がガラッと変わります。凶悪な感じ。
フリーフロート構造ですが、バレルリングだけでなく、アッパーフレームまで固定できるので、このロングRASの長さをもちつつも剛性は申し分ありません
そこが良いっ(^^)


長物ということで、諸々の外装もスナイパー銃らしさを追求したくなります

マグプル PRSタイプのストック
チークピースやパッド部分を微調整でき、自分のサイティングポディションにシッカリ合わせることができます。
モノポッドも装着可能ですが、最近は余り流通してないですね~
装着すると更にカッコイイんですが

そしてスナイパーグリップ
エルゴノミックデザインのグリップとパームレストが似合いますね~

SH3Gsr25ksr16knightscustomm249minimimk46mk48mod0mod1airsoftjapancaclassicarmytop0075.jpg


長物好きの私としては・・・ 手放すのが大変惜しい銃ですが・・・

意外とみんなも元々は長物の造形が好きみたいで・・・

大変お安くメンバーに譲っちゃいました(;><;)


次はバレットライフルやDSR-1も欲しいな~・・・

にほんブログ村 その他趣味ブログ ミリタリーへ こちらから「ブログ トップ」へ
2010/06/22(火)22:39
動かなくなったロングメカボを快調に!

突然動かなくなったSR-25

以前のSR-25記事でも書いた通り、入っていたロングピストンが使い物にならないので、Ver.2ピストンを継ぎ足ししてロング化し使用。

ピストンのラックギア数が16枚(Ver.2ノーマル)となったため、セクターギアもマルイノーマルに。


なぜそんな仕様にしたか。

ロングメカボのピストンストローク(ラックギア19枚分のシリンダー容量)はPSG-1クラスのインナーバレル長でBB弾を加速させる容量です。

SR-25はインナーバレル長がM16の長さで十分だったため、わざわざラックギア19枚分もストロークさせる必要がありません。

サイクルも落ちますし必要以上にモーターへ負荷をかけるのは無駄です。

Ver.2フルストローク分のシリンダー容量で十分間に合うな・・・
という発想からです。


そんなロングメカボが ま~たギアクラッシュ・・・



さて、A&Kの力作「ロングメカボ」をまたまた解体します。


↓メカボ 左の「穴」は気にしないでください
 メカボを締める際、スプリングの暴れを抑えるために空けました
TS3E1269.jpg


↓ノーマルメカボを比較するとこんな風に・・・
 大きさが異なります。
TS3E1270.jpg


↓やっぱり  スパーギアの破損

 人の銃も含め、ここ3ヶ月でスパーの交換を5回はやってます(--;)
TS3E1271.jpg

んんん~ マルイの純正ギア一式にしてたのか 忘れてた

A&Kのハードギアとマルイのギア比は共通だったはず。


ベベルとスパーはA&Kにしよう

セクターギアはピストンのラックが16枚だからマルイを使います。

もちろんギアはスムーズに噛み合ってました。


↓中華の金属ノズル(下)とM4パカ山ノズル(上)を比較

TS3E1272.jpg

シリンダーの一番端を基準に、ロングメカボとマルイノーマルVer.2を重ねると、メカボ自体、シリンダーから先の長さも違います。

ここは長さ共通であって欲しかった・・・。

中華の金属ノズルは嫌いです。
あらゆる面でいまいち信用に欠けるので。

実際シリンダーヘッドのパイプとノズル内径に多少のガタがありました。

別のモノで代用したかったけど、ノズルの長さが全く違うので断念・・・(;;)


ガタのあるノズルの気密を上げるために・・・

TS3E1273.jpg

パイプの先端をラッパ状に広げました。 画像でわかるかな。


方法は簡単

ラジオペンチを閉じて、パイプに突っ込みグリグリするだけ。

少しずつ少しずつ、ノズルとのクリアランスを見ながら広げます。

ノズルがスムーズに動くギリギリの外径に広げます。


やりすぎるとノズルが動かなくなるのでご注意(><)

ノズルが動かなくなると給弾不良やタペットプレートの破損に繋がります。

ようはご臨終です。

修正する方法はありますが、カナリ難しいです。

自信の無い人はやめましょう。


以上で組み立て~。


ほ~ 初速5m/sUP!(^^)

良好に作動しておりま~す!
にほんブログ村 その他趣味ブログ ミリタリーへ こちらから「ブログ トップ」へ
2010/03/14(日)11:43
A&K SR-25 と G&P M4 SPR Mk12 Mod.1を比較~

長いもの好きのついでに、単なる比較です。

SPRはストックをLayLaxのF.P.S.Sストックに変更してます。




マガジンの大きさがじぇんじぇん違います。

TS3E0890.jpg


フレームのおしりを基点に長さを比較するとこの通り。
長さも結構違いますね~

TS3E0887.jpg

TS3E0884.jpg

んんん~、良い感じだ。

にほんブログ村 その他趣味ブログ ミリタリーへ こちらから「ブログ トップ」へ
2010/03/12(金)18:32
絶不調 中華SR-25 メカボ解体!

鬼の様に忙しい仕事の合間を縫って更新します・・・
文面がいまいち普通ですがお許しを・・・


このSR-25のメカボはマルイVer.2と似つつも、ロング&ボアアップシリンダーを採用しております。
前にも書いた通り、PSG-1と同等品です。

ただ、私が考えるにこいつに採用されているインナーバレルの長さから割り出した内部容積から計算するとマルイM16用ノーマルシリンダー(フルサイズ)とマルイノーマルのストロークがあれば十分対応できるはずだと・・・。

こんな感じ↓
SR-25ピストン試作

マルイのノーマルピストンそのままだとロングシリンダーに埋没してギアがかからないので、ピストンヘッドとの間に部品を挟みSR-25のピストン長と合わせます。

ギア数が19枚から→ 16枚へと減らしたたため、セレクターギアもマルイ製に交換。


実際にマルイ改良試作ピストンを組み込んで動作確認。

いきなりピスクラが発生・・・。 今回の分解へと至ったわけであります(涙

これがそのピストン↓


数発撃ったあと「ギギーッ!」という音と共にご臨終。

この磨耗痕から推察すると、ピストン後退初期に問題が発生しています。

不可解なサイクルの遅さも気になってました。


ちょっくら仮組みして動作確認。

試しにシリンダー、バネを抜いて動かしてみたところ・・・

TS3E0879.jpg

やっぱり!

ピストンがメカボに強く挟まれて動かない!

A&Kのピストンとマルイのピストンでは横幅の寸法が違う( ̄  ̄;)

いや、メカボ内部が狭いというべきですね。

これはピストンスライド部を研磨して対処しましょう。

さっそく準備にかかります。

普段はメカボ研磨で使わない♯400の耐水ペーパーまで準備するはめに
TS3E0878.jpg


スライド面の凸の部分を削るため程よい幅の板を使って削ります。

TS3E0876.jpg


こんな風にシャコシャコ・・・

TS3E0877.jpg


マルイPSG-1のピストン組み込んで、「あれ?うごかね?」っと困った人がどれだけ居たのでしょう。そんな事を考えながらひたすら削ります。

TS3E0880.jpg


皆さん・・・これ結構削りますよ~(TT)


ということで動作快調に戻りました。

まだまだ諸問題が残ってますが、「不具合:ピストンの部」はこれにて終了。

最近CQBブームにおされていまいち不人気(?)な銃ですが、私は造形的に大好きです。

ゲームで使うかは別として(^^;) 春に向けて快調にしとかないとね~!

にほんブログ村 その他趣味ブログ ミリタリーへ こちらから「ブログ トップ」へ
2010/02/18(木)23:50
ドデカく重いっ! SR-25!


DSCF0911.jpg
(後ろはAPSで~す)

ナイツアーマメントのユージン・ストーナーによって開発されたセミオート方式のスナイパーライフル SR-25

実銃ではAR-10(AR-15、M16)の機構を踏襲しており、AR-10と同じ7.62x51mm弾を使用する。
AR-15/M16のシリーズとは部品の60%を互換しているが、レシーバー、撃鉄、バレルセット、ボルト及びボルトキャリアーなどがオリジナルパーツとなっている。

ちなみにこいつは、いや、こいつも中華です。
しかし造りはシッカリしていて今のところ外観に不満はありません。
ただ、メカボが不調で・・・。

とりあえず色々カスタムしてます。
メカボは中華オリジナル設計のロングタイプです。大丈夫かぁ~?
ロングバレル内をBB弾を加速させるためボアアップシリンダー、そしてロングピストンが内蔵されてます。そう、それはPSG-1と互換。
マルイVer.2シリーズではピストン、セレクターのギア数16枚に対し、こちらはなんと19枚歯ですっ!

でもボアアップと全長ロングにする必要あったのかなぁ~・・・。
このインナーバレル長さじゃM16サイズのシリンダーで容量は十分足りると思うが・・・。

とりあえずインナーバレルをLaylaxのEGバレルに交換してあります。
中華の銅管パイプは信用なりませんので。

通常は後ろ出し配線でM16ストックにバッテリーを内蔵しますが、マグプルPRSストックに変更しているため配線前出し仕様です。

TS3E0871.jpg

他のスナイパー銃との比較
TS3E0872.jpg
上から
マルイ VSR-10 Gスペック (ボルトアクション)
中華  APS (ボルトアクション)
中華  SR-25

SR-25とVSRとほぼ同じ。 重量は倍・・・(汗

同じサイレンサー仕様ということで両者を撃ち比べると、VSRの方が消音効果は数段優れていました。

TS3E0874.jpg

でもやっぱ見た目はSR-25の方がカッコイイかと・・・。

次回はメカボバラシをアップしま~すっ♪
にほんブログ村 その他趣味ブログ ミリタリーへ こちらから「ブログ トップ」へ
検索フォーム

プロフィール

ジョームサン

Author:ジョームサン
 ぐるぐるぐる~ん♪
クリックで簡単な自己紹介に飛びます
自己紹介、最近変えました
うらじゃっかすジョーム

装備はウッドランド

カテゴリ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
リンク
何でもコメント欄

名前:
メール:
件名:
本文:

こちらは非公開です。個人的な事でもBLOGの事でも何でもどうぞ(^^)

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

RSSリンクの表示
QRコード

QR