サバゲーしよう~。 の、前に!とりあえず作ってみよう!加工しよう!
2016/09/08(木)03:45
結構気に入ってたんだけどな~
実物は友人にも好評だったんだけどな~


入賞圏外!(笑)

MP5K マグプル カスタム
エントリーは → こちら ←


カスタムセンスが足りませんでした


H&K MP5K A4 kruz といえば、短小サブマシンガンとしては定番中の定番


映画やアニメ、ゲームなどでも多数登場します



カスタムする前に情報収集は徹底します

国内、海外のサイトなどもカスタム事情をシコタマ調べ上げたんですよね



過去の例にとらわれず


誰ともかぶらない


既製パーツに頼らずに、新しい組み合わせを創出しながら


変態路線ではなく、
使い易さも考慮し、正統派でカスタムする!



そう意気込んで造りました( ̄^ ̄)ゞ
(ストレートマガジンや光学機器は脇役としてのバランス用です)


MP5K MAGPUL custom urajackass malui hk japan 1

MP5K MAGPUL カスタム m4 hk416 custom urajackass malui hk japan 2

このMP5K クルツカスタム いいと思ったんだけどなぁ~

純正サイト、削ったのが落第点だったのかな(笑)


だって、最近折りたたみサイトやHK416みたいに着脱前提のGUN多いんだもの・・・

熱センサーのモニターでも盛り付けたら良かったかな?


→ 「マグプルグリップ取り付け 加工」の巻

→ 「フロントサイトカット」の巻  


2016/09/01(木)02:40
5年ぶりのエントリー!!!

5年間、ただエントリーしなかったのではなく、エアガン自体さわる時間がぜんぜんありませんでした・・・


今年の冬からやっと再開しました

正直、エアガンの分解方法もすっかり忘れて素人さん同然でした、が!
思い出深いカスタムガンコンテストにチャレンジすることにしました



さて、今回のエントリーは

MP5K マグプル カスタム → こちら ←


MP5A5 マグプル カスタム → こちら ←

です


(一番下の方に、エントリーとは関係ないmp5k のおまけ画像あります)


この機種は古くからありエアガン界では定番中の定番です

ハイサイも商品化され、人気が再燃されました



しかし
エアガンメーカー(パーツメーカー)も経済活動しなければならず
見たことのない新しいモデルのエアガン、 カスタムパーツが次々とラインナップされています



近代デザインの銃が商品化されていく中で、MP5はもちょっと古臭いかな・・・
なんて思う方も多いのではないでしょうか



M4と同じくらい知名度の高いMP5ですが、

とにかく、カスタムパーツが少ない!



カスタムといってもレイルハンドガード付けたりストックを交換するのが関の山です



 私は何でもかんでもレイル化するのはもうやめました(笑)


レイルカスタムは確かにゴツゴツしてカッコイイと思います

誰もが通る道ですが
レイル全体を固めると、そもそものカタチが何がなんだか分からなくことがあります
それレイル中毒です

今は、必要最低限の機能を備え、スッキリと落ち着いたデザインの方が好きですね



という事で

画像も載せちゃいましょうか

MP5K MAGPUL custom urajackass malui hk japan 1


MP5A5 MAGPUL custom urajackass malui hk japan 1



分かる人にしかわからないのですが

参考資料も事例もないところから

新しい物を想像することというのは、けっこう労力使います



それを実現することはもっと大変



M4のグリップをMP5に付けるのは、実現するかしないかは「賭け」ですね
事例がないので


それなりに大変でしたが、チャレンジした甲斐はあったと思います



マグプルのCTRストックはおそらく多くの人の手元に渡っているでしょうが
この様にカットして使おうと想像した人は少ないと思います

あ、普通はリサイクルしようなんて思わないか




結果のカタチを見てしまえばヘーカッコイイね、で終わりでしょうけど(笑)



M4ストックだけで見れば、世の中に相当数の種類が存在しています

その中で、ただのCTRストックを手に取り、眺めて
デザインを損なわないようにどう変貌させようか

スケッチしてはやり直し、完成に近づけるのに結構時間を要します


チークライザーも取り付けできるよう長穴も残しているので、チークライザーをカットして載せたバージョンも後日アップします



MOEハンドガードはレイル無しで拡張パーツが取り付けできる優れものです
しかも樹脂だから軽量!
塗装がはがれる心配もありません

コンパクトサイズのMP5にとって非常に相性が良いハンドガードです
MP5の形状に沿ってピッタリカットし保持しています
大きめにカットしてネジ留めでごまかしていてはつまらないですからね(^^;

MP5A5 MAGPUL custom urajackass malui hk japan 2



できるだけお金をかけずに、世の中に溢れている物に光をあて、リサイクルするのも大事だと思うんですよね


特にマグプルは激安中華がコピーを大量生産したせいで
残念ながら市場価値は下がっているように思います

ヤフオクのM4系ジャンクパーツ一式に高確率でまざってますから

でも優秀なことは変わりはない


本来付かないパーツを強引に付ければ実銃では存在しないと批判的な目で見る方もおられますが
世の中にないからこそ作る楽しみがあります
それでスタイリッシュになれば尚良しです

場合によっては実銃メーカーの新商品開発や、ニーズ開拓の一助になるかもしれません

逆に、これはないだろ~と思われるかもしれませんが(笑)




おかげさまで MP5K と MP5A5 は全てにおいて大幅に機能的になりました

ゲームで十分使える強度にも仕上げてあります



最後に、製作過程ですが

今回の切削加工は、ほぼ「ディスクグラインダー1本」で行っています

特殊な工作機械は使ってません
てか持ってません

NC系工作機械があればも~っとスゴイの作る自信がるのですが・・・個人での所有は無理


ディスクグラインダーのサンドペーパーのディスクは100均でも売ってるので助かります

ただし、切削用のディスクはレヂトンなどの一流メーカーを使った方がいいでしょう

予断ですが、カッターの刃だけは絶対にOLFAです
それ以外は使いません
切れ味、耐久性、防錆、最高です


刃物や動力機器はケガだけ注意が必要ですね
あわてず、慎重に作業を行わなければなりません


あ、すみません、ついでに大事なことを一つ

作業するにあたり、尿意、便意厳禁です!
笑い話みたいですが、これが一番油断しがちで、絶対NGです

生理現象は生命活動の優位にあります
集中力を欠くので、必ずトイレに行ってから作業に移りましょう!

ツイッターやラインも気にしちゃだめですよ~

刃物は危険ですので、ケガの要因は取り除いてから作業しましょう



というわけで、同じ物を作るのに特殊な機械は必要ありません
ホームセンターのお手ごろな機械で誰でも同じカタチにできます



書ききらなかった説明文は後日載せます!

製作過程もある程度デジカメで撮影しているのでこちらも後日ゆっくり載せていきます


おまけ画像

↓ 未エントリーですが、 これ、小さくて
  本体を握りやすいから狙いやすく、超使いやすい!

  しかもハイサイクル・・・ もはや反則!?

  コレクションの1つ かわり種 mp5k カスタムです!

MP5K CUSTOM 4001 クルツ カスタム マルイ

純正サイトをオミット
リアサイト部分を加工し低位置にドットサイト取り付け
M4のマグウェルを加工して装着
M6ライトはLED+レーザー 軽量コンパクトサイズでgood 
機動力が十分すぎる小悪魔です(笑)


→ 追加記事 カスタム過程「フロントサイトカット」の巻  

2011/05/11(水)21:33
またまた クルツをちょっとイジってみました

ベースは以前カスタムした→ コレ です

以前に→バッテリーinストックチューブにしたのでミニバッテリー12Vまで
ボディー内部に格納できるよう改造しました

外装もリニューアル

CYMAのメタフレに交換
メタルボディーで歪みもなく強度も高いが、更にメタルチャンバーブロックが内蔵されています
なんだか至れり尽くせりの仕様ですね

余ってたLAYLAXのRASも付けちゃいました。 オールフルメタ☆
PAP_MP5K フルメタル カスタム MP5KPDW MP5 CUSTOM マルイ M4ストック 加工 RAS CYMA ハイサイクル メカボ0223

しかし、今回ご紹介したいのは「ストック」

マグプルCTRやクレーンタイプも良いですが、クルツに付けるとデカイ。
バランスを考えると旧M4ストックがマッチします


しかし、そのまんま付けても面白くないので、ストックを肉抜きし
コンパクト設計にしました

上が純正状態  下が加工品
PAP_MP5K フルメタル カスタム MP5KPDW MP5 CUSTOM マルイ M4ストック 加工 RAS CYMA ハイサイクル メカボ0218



愛用のグラインダーで粗削りし、あとはヤスリでゴリゴリと

造形バランスを考慮し、調整レバーがやたらと小さくなりましたが
なんとかギリギリ操作可能です(^^;
PAP_MP5K フルメタル カスタム MP5KPDW MP5 CUSTOM マルイ M4ストック 加工 RAS CYMA ハイサイクル メカボ0221


グリップ部分のレシーバーを除いては「メタル」ですから重い・・・
ま、コンパクトサイズだからそれほど気にならないですけどね

AK47と比べると、こんなにも大きさが違いますから。
もちろん重さも。 クルツはもはや「軽い」
110511_MP5K フルメタル カスタム MP5KPDW MP5 CUSTOM マルイ M4ストック 加工 RAS CYMA ハイサイクル メカボ2152_01



完成度で一番気に入ってるのは、やはり「12Vバッテリーが内蔵できる」って
ところです
個人的に外付けが嫌いなので(^^; GUN単体で駆動まで成立させたい病です

PAP_MP5K フルメタル カスタム MP5KPDW MP5 CUSTOM マルイ M4ストック 加工 RAS CYMA ハイサイクル メカボ0222


集弾性はともかく ハイサイで初速90m/sくらい
ん~・・・ やること無くなったなぁ・・・ メインはM4だから、ま、ヨシとしよう
にほんブログ村 その他趣味ブログ ミリタリーへ こちらから「ブログ トップ」へ
2010/12/16(木)06:46
オーマイガー(T△T)

こちらは先日外装カスタムしたMP5Kです


初速ひく・・・ ヘタってんのか? こんなもんか?

MP5K クルツってバレル110mmだっけ?
短さゆえ初速90m/s台には難儀しそうだな・・・

適正HOP状態です


で、サイクル
TS3E1576.jpg
8.4V(ニッカド 容量残り半分くらい)
秒間12発・・・


TS3E1577.jpg
9.6V(ニッケル水素 容量残り半分くらい)
秒間15発・・・

(TOT)こりゃイカンよ・・・


ま、とりあえずバラしましょうか・・・
P1010694.jpg


P1010696.jpg
メカボ内洗浄し、とりあえず軸受けは6mmベアリングに交換


P1010702.jpg
ギアはSHSの「16:1」っつー微妙にハイサイクルのギア


あともろもろのパーツ交換

ピストンヘッド・・・ 後方吸気タイプ
ピストン   ・・・ 中華の金属ギア7枚+ノーマルのウエイト
シリンダー  ・・・ 少し容量UP(下記参照)
セクターギア ・・・ 3枚カット
スプリング  ・・・ 120%だったかな? 等ピッチショートタイプ
モーター   ・・・ EG1000


シリンダーとシンダーヘッドのスキマと
チャンバーも気密漏れを防止しなきゃ意味無いですね



で、なぜシリンダー容量をUPしたか

クルツはインナーバレルが短く、シリンダー容量が元々少ない
よって、スプリング強化に伴い バランスが変わるため・・・↓


●圧縮力(エア圧)が著しく向上するので気密漏れも増大
 インナーバレル内で BB弾より速く抜けるエアも増えます

●ノーマル以上の空気を圧縮し、より高圧にした状態で
 BB弾を排出するため ノーマルより高容量のエアが必要

●ピストンスピードもUPするため、
 ピストンヘッドが圧縮を開始するポイントが遅れてしまう



そんな勝手な仮説からシリンダーを交換しました
M4用よりも加速ホールが数ミリ前にあったので中華かどっかのM4クラスのシリンダーかな?

ちなみに東京マルイのハイサイシリーズも従来のインナーバレル長の設定よりもシリンダー容量を多めにとってた気がします。うる覚えですけど・・・


HOPを掛けなきゃ初速は上がらないので、HOP無しから最大HOPを測定



その結果ですが・・・

w(;◎O◎;)w ダメだ~っ! 出すぎてる! 
オーバーしてしまった・・・

こんな簡単に初速上がるもんなのか・・・?




ダメだ ダメだ

急いで再調整!


スプリングレイトを落として・・・ 再測定・・・
TS3E1582.jpg
HOP無しから 最大HOPまでの 最大初速↑


ホ・・・

初速90m/s以上をクリア・・・

ま、上出来かな・・・

でも もう一回調整しないとな・・・ギリギリは絶対に良くない(--;


サイクルはまだ計ってないけど、9.6Vでの音の感じから推察すると
10.8Vならニッケル水素のミニバッテリーでも
22~24発はいくでしょう(^^)

サイクルを求めるなら
東京マルイのハイサイクルモーターEG30000HCブチ込むって手もありますが
せっかく10.8V化したのでこのままでいいかな


↓そして、クルツギャラリー(^^;)

P1010704.jpg

P1010705.jpg

非常に軽くて コンパクトで
初速もあって サイクル早いなんて・・・ 

完成して嬉しいはずが・・・ 逆になんか・・・ 悲しい・・・


次はもうちょい初速落とそう
やっぱ初速90m/s前後に落ち着けたい

シリンダー容量をもうちょっと増やして
スプリングをショートストロークの1Jハイサイスプリングにしてみよう
どこのスプリングがいいかなぁ~

あ、あと集弾性ね


ちなみに
→ 2016年度版 MP5K クルツカスタムはこちら ←

にほんブログ村 その他趣味ブログ ミリタリーへ こちらから「ブログ トップ」へ
2010/12/15(水)03:41
そんな訳で、M4ストックを接合!

いったんストックを仮置きしてみました

この画像のまま入れると13.0Vになります(^^;
実際には前6個、後ろ3個で、10.8Vにします

バッテリー収納BOX 兼、M4ストックアダプターにすることで 結構サイティングもし易くなるし、市販のストックが選べて色々カスタマイズできますね(^^)

今回は中心に穴を空けてバッテリーを通します。
以前作った→G3系MC51用のM4ストックアダプターとは異なる方式にて作ります。


では加工です

TS3E1571.jpg
ストックエンドを外し、Eリングを抜きます


穴あけ簡単な図面です
MP5K加工解説
ケガキ針のような固い物でマーキングします
M3のネジで固定するため、バッファーチューブ側は3mmの穴 失礼しました!
ネジ切りするので『2.5mmの穴』でした!
エンドプレートは4mmの穴を空けます

特に、バッファーチューブ側の穴あけは、内寄りにし、強度不足にならないようにします


TS3E1567.jpg
先ずはエンドプレートの穴あけ


TS3E1568.jpg
裏面は面取りします


TS3E1565.jpg
バッファーチューブ側も3mmの穴を4ヶ所空けます
位置がズレてないか確認するため、バッファーチューブを固定します


TS3E1566.jpg
あとはハンドタップでネジ切り


TS3E1570.jpg
っと、こんな風に固定できるわけですね
使ったネジはM3×10mmの皿ネジです

外すことを想定してないので、ネジはアロンアルファで固定


P1010709.jpg
中心にバッテリーを貫通させるのでタケノコドリルで22mmに拡張しました


P1010706.jpg
うぅぅぅ~ん・・・ イイッ★

私好みの「バッテリー内蔵式」が完成しました(^^)

10.8Vのバッテリーで駆動できるとなれば、EG1000でもハイサイクルが楽しめます
よって、ノーマル鈍速クルツの中身をバラし
初速90m/s狙いで内部調整にかかります!

にほんブログ村 その他趣味ブログ ミリタリーへ こちらから「ブログ トップ」へ
検索フォーム

プロフィール

ジョームサン

Author:ジョームサン
 ぐるぐるぐる~ん♪
クリックで簡単な自己紹介に飛びます
自己紹介、最近変えました
うらじゃっかすジョーム

装備はウッドランド

カテゴリ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
リンク
何でもコメント欄

名前:
メール:
件名:
本文:

こちらは非公開です。個人的な事でもBLOGの事でも何でもどうぞ(^^)

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

RSSリンクの表示
QRコード

QR