サバゲーしよう~。 の、前に!とりあえず作ってみよう!加工しよう!
2011/03/31(木)19:19
マルイ純正とか、中華とかのアウターバレルたち

M4、M16系について

メタフレに交換したり、カスタムアウターバレルを組んだりするときの参考に
今回は基本的なことを・・・


全て旧タイプ(次世代じゃない)のバレルです


左から

マルイ新型、 マルイ従来型、 PDI、 中華
TS3E m4 m16 custom airsoft marui アウターバレル カスタム 改造 フレーム 1630

マルイ新型は、アルミ一本物バレルを採用したときから根元の羽が無くなりました

マルイ従来型は、デルタリングの部分に羽があり、マルイ純正のデルタリングのみに対応しています

LaylaxはPDIと同じ感じです。 廻り留めにピンを使ってます

中華の代表的な方式。 廻り留めがネジです。 大体一ヶ所留め
 PDIの3点留めの様に、3点ネジの場合があります



羽というのは のこの部分です↓

TS3E m4 m16 custom airsoft marui アウターバレル カスタム 改造 フレーム 16311

実物や、レプリカのデルタリングを付けるとき
TS3E m4 m16 custom airsoft marui アウターバレル カスタム 改造 フレーム 1655

羽が邪魔になります


のアウターバレルの隣のアウターバレルは、羽をペンチで折ってます。
折ることにより、サードパーティのデルタリングが使えるようになります


しかし 中華のメタフレにマルイ純正のアウターバレルを組むとき

入らないこともしばしば・・・
TS3E m4 m16 custom airsoft marui アウターバレル カスタム 改造 フレーム 1629

中華のネジ式アウターバレルに沿った寸法でフレーム設計していると、こんな風になるパターンがあります


そんなときは削って

TS3E m4 m16 custom airsoft marui アウターバレル カスタム 改造 フレーム 1633


合わせましょう
TS3E m4 m16 custom airsoft marui アウターバレル カスタム 改造 フレーム 1634


中華のネジ式アウターバレルは、マルイの凸形状よりもネジの径が細いことが多いので、マルイフレームや色々なメタルフレームに組んだとき、逆にグラグラすることがあります

すると、デルタリング(固定リング)をギュっと締めたとき、一緒に回転し、アウターバレルがナナメに固定されてしまいます
SH3G m4 m16 custom airsoft marui アウターバレル カスタム 改造 フレーム 0054


ネジとフレームミゾのクリアランス分だけズレるだけ・・・と軽く考えがちですが!

僅かなズレが非常に大きな影響を及ぼします

上図の様に、バレルがズレると・・・
SH3G m4 m16 custom airsoft marui アウターバレル カスタム 改造 フレーム 0053

チャンバーもナナメに固定されます

マガジンが差さらなかったり 給弾不良を起こしたり、弾が出たとしてもHOPがナナメになっているためナナメに弾が飛んでいくこともあります


では、ズレを解消するには・・・

アウターバレルを交換したり、別のフレームに交換するときは


フレームにアウターバレルを差したら

チャンバーも一緒に差し

チャンバーを中心に合わせ

指でチャンバーを中心位置で保持しながら 

デルタリング(バレルリング)を締め付けましょう



意外と重要な部分です(^^)

にほんブログ村 その他趣味ブログ ミリタリーへ こちらから「ブログ トップ」へ
2011/03/30(水)13:21
タニオ・コバ の ツイストバレル! 装着!

性能・効果の程は 諸説ささやかれる『ツイストバレル』

マグナス効果によって球体のジャイロスピンによる後流減少効果が起きて・・・

集弾性が驚異的に向上する・・・・・?


(??)いったい何の事だか 私の脳ではサッパリ分かりませんが、要は集弾性が向上するそうです

メンバーがハイキャパ(マルイのガス ハンドガン)にツイストバレルを組んだことがありましたが、確かに、明らかに集団性が良くなってました

発射されたBB弾が数十メートル先で減速し、落下にさしかかる地点で右にふわりと弾が反れますが、射程距離圏内では素直な弾道で真っ直ぐ飛んでました
この効果が、果たして「M16」クラスのロングバレルでどの様な効果を生むのか・・・

楽しみですね~
SH3G taniokoba ツイストバレル ジャイロ効果 M16 M4 インナーバレル 飛距離 集弾性 0079



使用するのは510mmタイプ。 チャレンジスピリッツ旺盛なチームメンバーのスカルの銃に設置します。

インナーバレルの 中をみると・・・ 


SH3G taniokoba ツイストバレル ジャイロ効果 M16 M4 インナーバレル 飛距離 集弾性 0078

あぁぁぁ・・・  なんかステキじゃないのぉ・・・

このスパイラルスリットに魅かれますね~ (*^^*)



一旦ゴミ箱に捨てた説明書(汗
SH3G taniokoba ツイストバレル ジャイロ効果 M16 M4 インナーバレル 飛距離 集弾性 0080


で、試射


セッティングは
・ツイストバレル
・Laylaxメタルチャンバー
・Laylax HOPパッキン(赤)

・セクターギアノーマル(フルストローク)
・シリンダーフルサイズ(加速ホール無し)
・M80クラスのスプリング


試射!!!

パ・・ポポポ・・・ バララッ(弾が3個出る音) パパ・・・


いきなり給弾不良・・・


なぜだ・・・


弾ポロばっか・・・


弾が出ないことも・・・


はて・・・?


そんな事を繰り返してると



ギギギッ!!!


オイオイ!?

給弾不良でギアクラッシュ!?


メカボを分解してみましょ


ピストンがっ!? 中華のフル金属歯ピストン曲がってます・・・
SH3G taniokoba ツイストバレル ジャイロ効果 M16 M4 インナーバレル 飛距離 集弾性 0074
SH3G taniokoba ツイストバレル ジャイロ効果 M16 M4 インナーバレル 飛距離 集弾性 0075

こんなピストンは

歯を外して・・・

ペンチで挟んで・・・
SH3G taniokoba ツイストバレル ジャイロ効果 M16 M4 インナーバレル 飛距離 集弾性 0076

グイっと曲げて


修理じゃいっ!  ビンボくさくてスミマセン(^^;
SH3G taniokoba ツイストバレル ジャイロ効果 M16 M4 インナーバレル 飛距離 集弾性 0077


クラッシュの原因

ピストンの状況から推察すると、ピストンにセクターギアが乗り上げて、ピストンギアが「くの字」に曲がっている


●チャンバー内で弾が詰まる
(Laylaxの赤パッキンが固すぎるのが原因。棒で押しても弾が全く出ない・・・)

●ノズルが押された状態でタペットプレートが強制停止されてる

●シリンダー・ピストンヘッドにシリコングリスを塗ったばかりだったので
 ピストンの動きが渋い状態

●スプリングはM80と若干弱め

●タペットプレートが解除状態のためセクターギアが高速回転

●ピストンが押し切られる前にセクターギアと接触

●ピストンギアに、セクターギアが乗り上げる

と、考えられる・・・かな




■試しにLaylaxの「紫 HOPパッキン」の交換して試射


弾詰まり・・・



■「マルイ純正 HOPパッキン」に交換して試射


パパパパパパッ・・・・!


直った!( °▽ °)


なるほどなるほど

タニオコバのツイストバレルは、マルイ純正のHOPパッキンと相性が良い


他のカスタムバレルやマルイ純正との寸法比較は実施してませんが
試射で分かったのはHOPパッキンに相性があるということ


そしてもう一つ分かったのは

LaylaxのEGバレルより、ツイストバレルの方が集弾性が良いこと(^^)
目視ですが、違いが分かりました

ARMSマガジンではツイストバレルの方が集弾性が劣っているとの結果が出てましたが、私は逆に感じます

どうやらマグナス効果でジャイロスピンし、アキャラシー集弾が実現している様です(^^;)


でも セッティングによって誤差は起こりうるものなので、自分の銃で試すのが一番でしょうね

難点は、HOPの調整域が非常に狭いということ


今後、初速調整やサイクルアップを行ったとき 一体どの程度の結果が変わるのか?

楽しみです(^^)
にほんブログ村 その他趣味ブログ ミリタリーへ こちらから「ブログ トップ」へ
2011/03/01(火)01:13
東京マルイ 次世代M4のバレルベース

早々と破損してくれました・・・


こちらのページで詳しくご紹介しております(^^)

SH3Gバレルベース次世代M40031
SH3Gバレルベース次世代M40035
2011/01/27(木)18:04
D-BOYSのチャンバーだったかな。


中華電動ガンはチャンバーのオーバーホールも もはや常識ですね(^^;)

HOPが安定しない
弾道がバラつく

お約束の症状がガッカリさせてくれます


さっそく分解

パーツの摺動部を手で動かしてみたところ、スプリングが付いているHOPゴムを押すパーツの動きが固いことが判明しました


厚みは問題なし

仮組みしながら何度も動きを確認すると、作動軸の位置が悪い
寸法的にも若干大きめな感じが・・・

↓パーツの端を2ヶ所ヤスリで削ったところ 動きが回復しました





そしてHOPゴム


左がD-BOYS付属のHOPゴム 右が東京マルイ純正


TS3E1616.jpg

D-BOYSのHOPゴムはカット面がガタガタ

っつーか、切り目がガタガタで、その分全長が長い


HOPをかけてもここが引っかかり、HOPがうまく掛からない症状も判明

これはマルイ純正に交換


症状は全て解決したものの、中華イジリはマルイ純正パーツの保有は必須ですね

にほんブログ村 その他趣味ブログ ミリタリーへ こちらから「ブログ トップ」へ
2010/11/10(水)20:36
A&K SR-25 を直しま~す


D-BOYSに続き、ならずもののA&K

このSR-25は中華設計のロングメカボを搭載しており、シリンダー容量を増加させることでロングインナーバレルの容量を稼いでます。




っと、そんなことはさておき

カスタム前のひと仕事でさっそく問題発生したので調整します。


仮で設置したRASはSIRロングタイプです。
SIRは、かんたんに説明するとマルイM4でシリーズ化されているS-SYSTEMの様なものです。

TS3E1404.jpg


最初にやるのがバレルの垂直調整

出来るだけ長いバレルを使って確認した方が、曲がり具合が判別しやすいですね。

シルバーバレルを差しているのは、横方向のズレを見やすくするためです


TS3E1405.jpg



先端を付近を確認すると・・・

↓この様にズレが出てます。

もちろんこのアウターバレルだけでなく、他のバレルを組んでみて本当にズレが出ているのか確認が必要です。


TS3E1406.jpg


ちなみにここが調整出来てないと、当たり前ですが弾が横に飛びます。
倍率付きのスコープを装着する場合、横軸をいくら調整しても弾道、着弾点が中心点に合わないこともあります。

スコープは遠くの物体を点で捉えるので、調整幅もシビアです。
スコープを使う人は、バレルの横方向のズレには特に注意が必要ですね。



もしかするとRASがズレている可能性もあるので、RASもチェックします。
画像だと歪んでいる様にも見えますが、金定規チェックしたとこと、フレームに対し、直線が出てました。

って事は、やはりバレルが横にズレていますね。

TS3E1403.jpg


あとは、少しづつフレームとアウターバレルの設置面を研磨

バレルが曲がった方向と、反対の面のフレームを削ります。

削り過ぎるとドツボにはまるので、あくまでも少しづつ(><)

TS3E1407.jpg

紙ヤスリで削る場合は、固い板状の物をヤスリの上に当てて削った方がキチンと平面が出ますよ。

にほんブログ村 その他趣味ブログ ミリタリーへ こちらから「ブログ トップ」へ
2010/10/18(月)01:14
恐ろしや~ 中華 恐ろしや~

まさかのインナーバレル曲がり・・・
この症状って、中華の不具合 定番メニューなんすかね~

↓チャンバー挿入側を床に押さえつつ、先端を見るとこんなにスキマが

P1010450.jpg

モノは、STAR製 M16系 電動ガンのインナーバレル
全長509mm

撃ってみると、弾道が決まって右上に飛ぶから原因を探ってたところでした。

インナーバレルを本体から抜き出して、持った瞬間
手に伝わる妙な重量感で気付きました・・・

左へ、右へと転がしながら撮影しました。
湾曲しているのがよく分かります(;;)

P1010448.jpg

こいつはフレームも変だった

別会社のアウターバレルをフレームに差し、デルタリングを締め付けると、どうやらアウターバレルがナナメってる

D-BOYSフレームのときもそうだったが、フレーム側の接地面は(アウターバレルとの)ヤスリで削って水平度を出す作業、いわゆる擦り合わせが必要だった

とんでもない品質だけど、国産に無い機種が欲しくて、つい激安中華に手を出してしまう私の性格
やはり加工、調整ありきじゃないと付き合えませんね

中華製電動ガンも最近モノが良くなっているとはいえ、やはり気が抜けません
メカボ内調整はショップでも定番化してますが、バレル系も見てるんだろうか
ショートバレルだと この手の症状は分かり難いからね

にほんブログ村 その他趣味ブログ ミリタリーへ こちらから「ブログ トップ」へ
2010/07/12(月)01:30
届きました~♪



さて、開封・・・の前に少しご説明

皆さんもバレルのショート化を構想されたことがあると思います。

ようは ↓ こーゆー事です
TS3E1300.jpg

M4(M16)に限らずですが、バレルを希望の長さに加工できればな~なんて思ったことありませんか?

でもどこに頼んだらいいのか分からない。
じゃ、某有名ショップにお願いしようかしら。
見積を出してもらえば、ま、これくらい掛かるのか・・・と。

しかしですね。
ショップの提示している金額はですね。
寸法の自由度が低いわりにあの金額は、私は「高い」と思います。

請け負っていただける種類も限定されますし。


そんなこんなで、とあるところを通じ、エアガン系の金属加工を実施される
加工屋さん↓と出合ったのでありますっ!!

加工します


で、冒頭で触れた袋の中身。
加工されて帰ってきた品物がコレ ↓

はて、何でしょう。

TS3E1296.jpg


中身は・・・ 

ジャジャ~ンッ!

TS3E1297.jpg

左:M4(M16)  マルイノーマルアウター 3本 ショート化
中:M4(M16)  マルイノーマルアウター 1本 超ショート化
右:ステアーAUG マルイノーマルアウター 2本 超ショート化

合計6本のショート加工(M14逆ネジ加工込み)をお願いしました♪


加工料金は・・・ 申し訳ありませんが言えません(><)

都度ご相談いただくのが一番ですね。
とても親切な方で、技術もありますのでお気軽にどうぞ★

特にAUGは加工が困難だったのですが、試行錯誤していただき、無事希望通りの仕様で納品いただきました。

加工屋さん、その節は私のわがままを聞いていただき本当にありがとうございました(^^;)
この場を借りて感謝申し上げます。



加工風景の画像まで送付していただいたのでここで掲載します。


全長を所定の長さに切断し、M14逆ネジ部分を作り始めます
07rts_004.jpg


みるみるカタチになりますね♪
07rts_001.jpg


この画。 もう、カッコイイとしか言い様がありません。
なんすか、この・・・なんつーか、金属感というか、エッジ感というか。
油が浸み込んだ工作機械と、美しく仕上がりつつある部品のハーモニーというか。
07rts_006.jpg


外形が仕上がったらネジ切りですね
07rts_007.jpg

技術ある方はいいですね。
羨ましいです。
機械を操る男って、男からみてもカッコイイですね。



↓希望通りのカタチになって帰ってきたパーツたち・・・。

使ってしまうのが何だかもったいない・・・。

美しくて眺めているだけで幸せな気分になります。

ホント、私は変態です。
TS3E1298.jpg

私のBLOGをご覧の皆様、加工屋さんの技術はバレルカットだけでは
ありませんよ。
「こんな加工できない?」って具合で相談してみてください。
加工部品の量がまとまる様でしたら料金交渉なんかも応じていただけます。

是非、加工で趣味の幅を広げてください(^O^)

にほんブログ村 その他趣味ブログ ミリタリーへ こちらから「ブログ トップ」へ
2010/03/31(水)06:37
3年ほっとくとこうなりますよ~

TS3E0991.jpg

写真はマルイのステアーAUG用

カスタムバレルとエアシールパッキンの組み合わせッス。



ところで、元々 ステアーは給弾不良で有名ですよね。

放置ステアーを撃ったところ、ホント、お約束の様に給弾不良。

ま、こっちだって免疫ありますからね(`へ´)ビビリません。

どうせまたマガジン系か? それともチャンバーか?

そんな疑いをもちつつ、とりあえず本体から分解。

なんつってもバレルやチャンバー抜きやすいからそっから手を付けてみました。


どれどれ チャンバーを覗きながらHOP調整をひねって解除すると・・・

あれ?

内部のHOPをかける突起が・・・勃起したまま、なえる様子がありません。

そんな筈は無いぞと、ご主人様の命令を聞かない勃起部分を細いドライバーで強引に押さえ込むが、逆に強く反発しドライバーと固さ勝負を挑んでくるではありませんか!

と、まあ、冗談はさておき分解で決着をつけると↑の写真のようになってた訳です。


結局なんでこうなるかというと、HOPをかけた状態で長期間放置したため樹脂が劣化し、久々にBB弾を通過させた勢いで見事にちぎれた・・・

ここまでは当たり前の話。

しかしもう一つ改善しなければならないのが↓ 切り欠き加工部のエッジです
TS3E0992.jpg

加工してある部分の穴の周辺を指で触ると、それはもう尖ってて、極端にいえば刃物。

長期間放置しないにしても樹脂(ホップパッキン)を傷める大きな要因になります。

ここは耐水ペーパーでうっすら面取りしてやるベキでしょう!


#1500のペーパーを入念にかけました↓
TS3E0993.jpg

これだと指で触って痛くも何ともない。 パッキンを傷めることも無いでしょう。

逆に削り過ぎると気密の問題や精度に係ってきますからね。

人の手でやるのは「さじ加減」が難しいところです。

あくまでもうっすら削る程度で良いかと。


新しいパッキンをセットすれば完了~

うそみたいに給弾が安定してますわ♪ 気密も問題なさそうです♪♪


ま、最初にチャンバー部分をバラしてよかった~(*´`*)
にほんブログ村 その他趣味ブログ ミリタリーへ こちらから「ブログ トップ」へ
2010/01/29(金)11:40
ネジ・・・無くなってませんか?

ボクだってたまにはノーマル部品もかまってやります

カスタムを繰り返すと不思議と「ネジ」が行方不明になりますね。
無くなったネジたち。彼等はいったいどこに集まり、そしてどこで私の悪口を言っているのでしょう。
掃除機のゴミパックの中でしょうか。

ネジが足りずにカスタムを諦める。
こんな残尿感によって自分を苦しめるのは悲しいものです。

そんなときは「東急ハンズ」といわずとも「ホームセンター」へ走りましょう。
ホームセンターに行くと、次々と目に飛び込んでくる商品の山につい目がくらみ、目的を忘れがちです。
「あ、なに買いに来たんだっけ?オレ」



「ネジ」という存在感の薄い部品を最後まで忘れなかった方は
↓こいつを手にするはずです。
P1000494.jpg
「M3」という右の袋のネジが電動ガンでよく使われていますね。
一度にこれだけネジが集まるとまたまた「ネジ」への思いやりが薄れますが、それは、こんな私に袋入りして販売しているメーカーのせいにしましょう。


中古のカスタムGUNはここのネジが無い「被害」に見舞われます。
P1000493.jpg

そしてM3のネジ(止めネジ、またはイモネジ)をキュッキュッっと入れてやりましょう。
余談ですが、バレル根元の削った痕、気になりますか?
これは社外FF-RASを組むのに邪魔な「羽」部分をグラインダーで削ったキズです。
P1000495.jpg

一般ではあまり使わない言葉ですが、本来「締め付けトルク」のかかるネジ部分に、止めネジは不向きかもしれません。強い力で締めるためにはキャップボルト(ネジの外形より、六角レンチを差す部分がボコッと大きいネジ)が理想的です。

ただ外観上ネジが目立ってはビジュアル的にカッコ悪いので止めネジを使いました。

そこで大事なのが六角レンチ。
呼び名は「ヘックスレンチ」「六角棒」など様々です。
ネジが小さく、比較的思いっきり締め付けるなら安物の工具はダメです。
精度が悪く、ネジをすぐに傷めて穴がスコスコになります。
そうなると、これまたネジを抜くのはかなりやっかいです。

写真左は100均のレンチセット。 わたし100均大好きです。
写真右はお高いレンチセット。
小さな物ほど実は精度が重要で、100均商品では役不足です。

私自身こういった「工具」の強度や精度に係る業界にも居たもので、正直「工具に詳しい」です。
昔粗悪だといわれた、とあるアジア製の安い商品も近年良くなっているのは確かです。
しかし高品質な商品を安定的に供給できるのはやはり某有名日本メーカー品です。

良い工具は使ってみるとよく分かります。

P1000497.jpg

ってことで、小さなネジを長持ちさせるためにも精度にこだわった工具を持っておきましょう☆
にほんブログ村 その他趣味ブログ ミリタリーへ こちらから「ブログ トップ」へ
2010/01/27(水)01:57
新、旧、NOVESKEハイダーを比較!

ということで、こちらが新しいブツ。
アルミ製の正ネジタイプっす。

なぜ正ネジか。
G&Pのアルミアウターバレルは正ネジだからです。

フムフム、なかなかイケてる箱ではありませんか。



新品ということもありますが、黒!白!がハッキリ!
やたらコントラストの濃い風貌です。
ナンバー表示もバッチリ。
P1000470.jpg


そしてブタちゃん☆
P1000471.jpg


中身は、穴の空いたお皿が2枚重なってます。
P1000473.jpg


手持ちの「鉄(下)」と今回の「アルミ(上)」を比較します。

ホント、重量が全然違う。 倍は違うんじゃかなろうか・・・

表面処理、刻印も大きく異なります。
鉄はサビます。うっすら茶色いのはサビのせいです。
アルミの印刷(押し?)と違い、鉄はレーザー刻印なのでサビにより自然と色あせちゃいますね。
P1000484.jpg


裏面もこの通り。
右の「鉄」は溶接してあり手間がかかった造りしてます。
昔はかなり高価な品でした。
P1000483.jpg


中身も全然違います。
「鉄」はメッキしてある筒形状。
消音効果は「?」ですが見た目はステキかなと。
P1000479.jpg


ということで、「鉄」はさておき、「アルミ」を恒例の分解です。

先ず、回り止めのリングを外します。
これは特に強いテンションが掛かっている訳でもなく、ピンセットなど細いもので簡単に外せます。 ちょこっとズラしてやればOK。
P1000474.jpg


先端のフタをスルスル回すとこの通り。
簡単に外せます。
P1000475.jpg


このお皿が二重構造になってまして、フタのズラし具合で消音調整するのでしょう。 お皿とお皿の間にはOリングが入っているので、一度組んでしまえば簡単にはズレません。
P1000476.jpg



ついでですが、比較ということで「鉄」も同じく分解。
P1000480.jpg


中身はコレ。
ただ単にメッキの部品が内蔵されているだけですね。
もちろん消音調整はできません
P1000481.jpg


最近流行ってるアルミRASやアルミバレルなどのカスタムだと「鉄」のハイダーは極度のフロントヘビーになり、バランス悪く不向きですね。(ゲームやる方は)

個人的には「鉄」のハイダーが好きですけど(^^;)
P1000477.jpg

にほんブログ村 その他趣味ブログ ミリタリーへ こちらから「ブログ トップ」へ
2009/10/31(土)19:28
「M16みたな~」が給弾不良に!!


091018_0015~01

症状

突然弾が出なくなる。

マガジンにゴミが詰まったのだと思い、マガジン交換したが弾が出ない。

マガジンを抜いて空撃ちすると、エアーが少ない。

つーか、空撃ちの音じゃない。 発射中のこもった音。

とりあえずHOPを完全に戻す。

症状は変わらない。 弾が詰まってんのか?

そしてチャンバーを疑う。

マガジン挿入部をのぞきながらチャンバーに弾を1つぶ入れて撃ってみる。

パスンッ☆

あら? 弾が残ってる・・・(’’;)?

クリーニングロッドでバレル内をスコスコやってみる。

パスンッ☆

また 弾が残ってる・・・( ̄  ̄;) ノヤロゥッ

クリーニングロッドを奥まで挿入。

チャンバーから弾が2個出てくる・・・。

という事でチャンバー分解っ!!

091018_0008~01

パッキンが変形しちょるやんっ!

メカボにチャンバーを押し当てながら、どう影響したのかシュミレーション。

・・・ほほう・・・なるほど

パッキンの下側の縁がですね、ノズルがチャンバー内に、にょいっと差し込まれるのと連動して内側にベロ~ンと巻き込まれてる。

意味分かりますかね。

唇を口の中に巻いて隠す動作の感じです。

なぜこうなったか。

答えは簡単。 ノズル周辺の油膜切れが原因。 

キレイに掃除!っと調子に乗ってシリコンオフやブレーキクリーナーをやたらと振りまくと、ノズルに塗布したシリコンが剥がれてこうなります。

摩擦が大きくなって弱いパッキンを傷める。


ってことで、パッキン内外周にも薄くシリコンを塗ってやりましょう。

こんなトラブル経験しときながら、M4 KNIGHT'Sを組んだときはスッカリ忘れてました・・・。

キルビルが目の前で塗ってるのを見て思い出したのさ(^^;)

ノズルやパッキンへの潤滑って結構大事なんですね~。
プロからすると基本なんでしょうけど。

トラブルで要らぬ出費になる前に対処しましょ!

にほんブログ村 その他趣味ブログ ミリタリーへ
にほんブログ村
検索フォーム

プロフィール

ジョームサン

Author:ジョームサン
 ぐるぐるぐる~ん♪
クリックで簡単な自己紹介に飛びます
自己紹介、最近変えました
うらじゃっかすジョーム

装備はウッドランド

カテゴリ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
リンク
何でもコメント欄

名前:
メール:
件名:
本文:

こちらは非公開です。個人的な事でもBLOGの事でも何でもどうぞ(^^)

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

RSSリンクの表示
QRコード

QR