サバゲーしよう~。 の、前に!とりあえず作ってみよう!加工しよう!
2009/08/16(日)03:05
さて、本日は真面目にバッテリーについて触れてみようと思います。

バッテリー

電動ガンの標準バッテリーといえばニッカドバッテリー(Ni-Cd)ですよね。
純正バッテリーやエアガンショップで売られているカスタムバッテリー(有名どころだとキラー)などもこのニッカドが多いようです。

素人の方からすると、さほど興味の無い部分かもしれませんが、カタチが同じバッテリーでニッケル水素(Ni-Mh)という種類もあります。充電器の貸し借りで間違った充電をしてしまうなんてこともありうるので最低限自分が使っている使っているバッテリーの種類だけは把握しておきましょう。


現在はバッテリーの種類も増え、最近ではリチウムフェライトなるバッテリーもラジコン用として販売されました。 小型大容量がバッテリー業界の進化の流れですが、ニッカドは歴史が古く、昨今の蓄電池としては低容量の部類になるため使用される場面も随分少なくなってきました。
ニッカドに比べ容積密度の高いニッケル水素ですが、以前はパワー不足と言われてきましたが最近は放電特性が上がり電動ガンの分野でも標準となりつつあります。今後益々ニッカドの出る幕は少なくなるといえましょう。

種類別性能について、細かく解説すればニッカドやニッケル水素もメーカーによって性能が異なりますし、ザップドやマッチド、セル個体差・・・など話は尽きません。
ラジコンカーレースの様に「秒」を争う競技に使うために解説する訳ではないためあえてここでは詳細に触れません。
そしてあくまで初心者向きの解説とさせてもらいます。

それでは、私自身これまで色んな分野のラジコンで得た知識なんかも交えて、バッテリーを使いこなす方法を簡単に解説してみます。



■では先ず、ニッカドバッテリーの能力を最大限に発揮させるにはどうすれば良いか・・・

ニッカドは放電特性として瞬発力があるってことと、管理が比較的ラクというのが魅力です。
瞬発力、ようは大電流を瞬間的に流すことで、ギヤを回しスプリングを引くという高負荷の動作が繰り返される電動ガンには適しています。

たとえば全く同じ電動ガンで、同じ電圧・容量のバッテリーを使う者同士が撃ち合いになりました。
バッテリーの性能を最大限に活かした方はなぜかサイクルも早く、安定的に弾を放つことができます。しかも一日のゲームが終了するまでバッテリーを交換することなく楽しめました。
かたやバッテリーの管理を怠った方は一日の中盤でバッテリーの交換。いつもゲーム中のバッテリー切れが気になります。しかも人よりサイクルが遅い気がします。撃ち合いになれば当然不利です。
このように違いが歴然と現れるのがバッテリーです。

ニッカドバッテリーの最低限の管理方法や充電方法を知るだけで、誰でも簡単にバッテリーの能力を引き出し、寿命を延ばすことができます。長い目でみれば当然コストにも大きく影響しますよね。
という事で、ラジコンカーの分野では一般的な手法にはなりますが、下記にまとめてみました。


★保管について
ゲーム後は放電器を使ってしっかり放電させましょう。基本中の基本です。

中途半端に電力量の残った状態で保管するとメモリー効果といって残った電力量の分、使えない容量になってしまいます。
せっかく1200mAhのバッテリーを購入したのに400mAh残して放置してしまい、次に充電しても800mAhしか充電できない・・・なんて事もあります。
6000円で購入したバッテリーが、3000円のバッテリーの能力しか発揮しない。
管理ひとつで大損ですよね。

そしてメモリー効果により早い段階で電圧降下が起こればサイクルもすぐに遅くなり、ハイサイクルなどのカスタム銃では打てなくなる場合があります。(強いバネを引くためのパワーが足りなくなるため)
やる気満々、でも能力半分ではゲーム機動力に影響します。
放電器もバッテリー電圧に合わせ選びましょう。バッテリー電圧を入力するタイプで、規定値までしか放電しないオートカット付ディスチャージャー(ラジコン用)を使うのが尚良いでしょう。

そして常温で保管してください。わざわざ冷蔵庫なんかに入れる必要はありません。
また湿気は敵です。


★充電について
ニッカドは1C~3C充電が可能です。
1Cとは、例えば700mAhのバッテリーなら0.7A。1C~3C充電なので0.7A~2.1Aで充電が可能ということです。

色んなバッテリーを所有しだすと、アダプター式の充電器に頼っていては管理もバラバラで大変です。きちんと6時間、8時間と充電時間を守るのもハッキリ言って面倒です。
一晩充電器に掛けて放置・・・なんて危険な行為もたまに耳にしますが、発火・破裂といった事故になりうる大変危険な行為ですので絶対にやめましょう。

そして、ただ充電しても最大限のパワーとはいきません。ニッカドバッテリーは使用直前に満充電というのが最も出力を発揮します。

前日に満充電でもまあ大丈夫ですが、特に寒い時期だと使用前に多少暖めてあげましょう。余り知られていませんが、バッテリーは冷えると電荷の動きが鈍くなります。
使用前に懐に入れて体温で暖める程度でも十分です。結構違いますよ。

ちなみに充電前も20度くらいまで温めてやるのが理想的です。


問題はシーズンが終わったとき・・・
なかなか1年通してコンスタントにバッテリーを使うってことはありません。場合によっては2ヶ月放置なんてこともありうるでしょう。 これもまたバッテリーをダメにしてしまう原因です。
このパターンが非常に多いのではないでしょうか?

長期にコンディションを保つためには月に2回程度充放電してやりましょう。バッテリーの状態が悪くなると、復活させるのは困難だし、専門的な知識が必要になります。
聞き慣れないかもいれませんが、Δピーク、トリクル充電、サイクル充電などの充電方法も覚えた方が良いでしょう。バッテリー管理を追及すると必要になります。
もちろんそういう機能を持った充電器が必要になります。


余談ですが、電気屋さんで売られている充電式の単三電池型も使えますが、基本的に細長い物よりも太くて短いバッテリーの方が内部抵抗が少ないため、高出力を必要とする電動ガンには太くて短いバッテリーが理想的といえます。


■ニッカドバッテリー(Ni-Cd)の特徴

長所
管理がラク
放電特性に瞬発力がある。
大電流で放電できる。(連射サイクルが早い)
高温にも比較的強い(手で持って熱い!と感じるくらいだと逆に痛めます)

短所
使用する時間ごとに、電圧が坂道を下るように下がっていく。
充電したまま保管するとメモリー効果が起こり容量が極端に減ってしまう。
重量対容量でみると、容量が少ない。ニッケル水素バッテリーの約1/2~1/3くらい。

■この次はニッケル水素(Ni-Mh))バッテリーについて解説します。

にほんブログ村 その他趣味ブログ ミリタリーへ
にほんブログ村
コメント
この記事へのコメント
バッテリーの管理とても大切な事ですよね。

色々と勉強になります。感謝!!

2009/08/16(日) 16:43 | URL | キルビル #FiPkFC0s[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://urajackass.blog91.fc2.com/tb.php/36-de66eef4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
検索フォーム

プロフィール

ジョームサン

Author:ジョームサン
 ぐるぐるぐる~ん♪
クリックで簡単な自己紹介に飛びます
自己紹介、最近変えました
うらじゃっかすジョーム

装備はウッドランド

カテゴリ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
リンク
何でもコメント欄

名前:
メール:
件名:
本文:

こちらは非公開です。個人的な事でもBLOGの事でも何でもどうぞ(^^)

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

RSSリンクの表示
QRコード

QR